夏野菜の大定番!ナスの栄養素や食べ方などを知っていこう!

ナスを使ったおすすめレシピを紹介中!

野菜の栄養とは

最近食事の栄養バランスについての注目が高まっています。年金受給時期が引き上げられ、70歳まで健康な身体を維持しなければいけなくなるかもしれないことも1つの要因でしょう。もしも健康を害して働けなくなってしまえば、生活費はもちろんのこと医療費も払う事が出来ないリスクが高まります。そうならないためにも野菜の栄養に注目していきましょう。

ナスはインド原産のナス科ナス属の植物です。暑い地域の植物のため乾燥や寒さが苦手です。ナスの語源は、その当時のナスが酸味が強かったため「ナスビ」と呼ばれるようになりました。また、江戸時代からは「成す」という言葉にかけた縁起物として「ナス」と呼ばれるようになったのです。栄養素として特筆すべきはコリンというコレステロールを下げる物質と、ナスニンと呼ばれるアンチエイジングに期待が出来る物質でしょう。日本人はナスと長く触れ合っており薬として使ったり、お盆などの飾りなどにも使用しています。そんなナスの栄養を効率的に取るためには皮ごと調理がおすすめです。焼いたり、だし汁をそのままいただくような調理法にすれば栄養を余さず取ることが出来ます。

夏の暑い時期に美味しく食べる事が多いナスですが、どのように調理したら良いのか分からないという人も多いと思います。詳しい栄養素やおすすめレシピなどを紹介します。

◎おすすめ関連サイトの紹介
野菜には旬があり、その季節ごとに最もおいしく食べられる野菜をいただきたいと思っている人も多いのではないでしょうか?旬の野菜をおまかせで送ってくれる野菜宅配サービスがありますので、紹介します > 野菜 宅配