夏野菜の大定番!ナスの栄養素や食べ方などを知っていこう!

ナスを使ったおすすめレシピを紹介中!

栄養素について

ナスはその90%以上が水分で出来ています。そのため、他の野菜よりも低カロリーであるのと同時に、脂肪を燃焼させると言われているビタミンB2などがバランスよく含まれているため、ダイエットに向いているとされています。ビタミンCやカリウム、マグネシウムなどのミネラルなども一通り含まれているという点や食物繊維も淡色野菜としては平均的な量を含んでいます。

さらに、機能性成分である「コリン」という物質が含まれているという事にも注目したいです。コリンは無色の強アルカリ性物質で、コレステロールや血圧を下げる働きを持っています。さらに、動脈硬化を防いだり肝臓の働きを良くしたり、胃液の分泌を助けるなどの働きを持っているため、連日の付き合いで飲み会が続いているサラリーマンの強い味方となる事でしょう。気分改善効果の作用も認められているため、ストレスを感じている時にも有効です。

「ナスニン」といういかにもナスらしい成分も含まれています。こちらは抗酸化作用があるため老化防止に役立ちます。こちらは「茄子紺」というナス果皮の暗い紫色の色素に含まれているポリフェノールの一種です。アントシアニン系の色素であり、水溶性です。加水分解によってデルフィニジンとなると鉄やニッケルイオンが存在すると安定した塩を作るため、漬物にする時に鉄を入れると色が鮮やかになります。